忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/24 05:07 |
春RF
日曜日、春の同人祭りに行ってきましたよ。

夏冬のコミケほど混む訳ではなく、でも他のシティ系イベントと比べると流石に人が多く。伊達に『春コミ』の名で呼ばれている訳ではないな、と。っていうか全然人が減らない。帰る人がいる分、遅くから来る人もいて、会場内人口密度がほぼ一定に保たれている状態でした。斯く云う僕も寝坊して午後から参加だったんですが。

テニスとナルトを往復しながらお買い物は主に創作、という、よくわからない動きを見せておりましたが、楽しかったですよ。シティの創作系は結構濃い、というか普通にレヴェル高い人が島の中にごろごろいたりするので(二次でもすごい人がひっそりいたりしますけど)気が抜けません。行きに差し入れのお菓子を入れていた袋には、いつの間にか薄くて単価の高い本がぎっしり詰まっている不思議。
因みにテニスもいろいろ買いましたよ。メインのリョ不二アンソロも買ったし、今回は念願の樺跡も入手、そして塚乾で意外な掘り出し物を見付けたり。基本的に何も考えてない手塚と考え過ぎの割に肝心なところが鈍い乾……っていいなこれ! 個人的に手塚攻めは無しなんですけど(塚不二は例外。不二が受けだから)、これはよかったです。非常に。

ところで、作品の評価とはまた別の次元で、買ったものを可愛い袋や包みに入れてくれるとなんだか嬉しいですね。こういう感覚は自分が作り手に回った時に忘れないようにしよう。
(でもその可愛い袋の大半は使われずに部屋の隅にあったりするんですけど←台無し)

参加者の大半が女子(もしくは元女子)なので百合ものが見付からなかったのが残念でしたが、シティは楽しいです。一番頻繁に来てるから、っていうのもあるかもですけど。


さて、お祭りの後は打ち上げタイム、ということで、ナルトスペースのごとうさんとお喋りしながら途中までご一緒した後は(ごとうさんいつもありがとうございます。相変わらずネジが萌えですよ)、某100曲マラソンに流れなかったリョ不二メンバーのお食事会にお邪魔して参りました。なんだか久々に熱く語った気がします。腐った社交場は楽しいですね。
僕はどうしたって見た目がそこそこ年齢のいった男性なので、「ああいう」場に入っていくことに気後れを感じることが多いのですが、暖かく迎えて頂いて有り難い限りですほんとに。でもほんと瞬→蔵馬→不二ってその流れだけ見ると或る意味ものすごく判り易いですね。

お食事会では名言続出でした。
「公式はそれぞれの心の中にあるんだよ!」
「あの手塚は『くにみちゅ』だから」
「(最終回で真田が準優勝の盾を受け取ったのは)あれは幸村が負けて自分は勝ったから。自分が負けてたら受け取らなかった」
特に最後の意見は目から鱗が飛び散る勢いでしたね。いい話だと思ってたのに、皇帝の意識には団体戦のことなど欠片も無かったと。そして「自分は勝ったけど幸村は負けたから」っていうのがまた……流石皇帝。まあ幸村にはきっと相当いじめられてたでしょうからね。


そんなこんなで久々に全力で妄想成分補給して、楽しんだ日曜日でした。で、月曜日は本気で朝つらかったんですけど。午前中はへろへろでした。
もうちょっとエンジンのかかりが早くなると残業しなくてもさっさと帰れるんだろうなあ。……そうでもないのか?
PR

2008/03/18 01:34 | Comments(0) | TrackBack(0) | 記。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<万愚節 | HOME | おなべのそこにあぶらむし>>
忍者ブログ[PR]